ネトウヨ速報

主に政治、外交問題をまとめていきます!

    岡田

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/07/10(日)23:31:19 ID:???
     民進、共産、社民、生活の野党4党は参院選で共闘したが、結果は不発に終わった。
    特に民進党は改選43から大幅に議席を減らすのが確実で、岡田克也代表が主導した「民共」共闘路線への厳しい評価を突きつけられた格好だ。9月末の任期満了に伴う党代表選に向け、民共共闘に突っ込んだ岡田路線の是非も含め、「岡田降ろし」の動きが加速することも予想される。

     岡田氏は10日夜のNHK番組などで、改憲勢力の3分の2を阻止できない見通しになったとして、「残念だ。訴える力が弱かった。代表としての責任はある」と語った。任期満了まで代表を務めることは明言したが、次期代表選に出馬するかどうかについては「白紙だ」と述べるにとどめた。

    続き 産経ニュース 全2ページ
    http://www.sankei.com/politics/news/160710/plt1607100168-n1.html

    【【参院選】 民共共闘は不発…民進党の岡田克也代表「力弱かった。責任ある」 代表続投は「白紙」と強調】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/09/15(火)12:55:17 ID:???
     14日の参院平和安全法制特別委員会で、民主党の岡田克也代表ら歴代代表が以前、「集団的自衛権の行使を容認すべきだ」と主張していたことが明るみに出た。質問に立った自民党の佐藤正久氏が"暴露"した。民主党議員らはなぜか反発して議場はヤジに包まれ、審議は一時中断した。

     佐藤氏は、岡田氏の発言が掲載された平成15年5月の読売新聞と「中央公論」17年7月号、野田佳彦元首相の著書「民主の敵」から発言を抜き出してパネルに示した。佐藤氏の求めに応じ、石川博崇防衛政務官がパネルを読み上げた。

     「日本を防衛するために活動している米軍が攻撃された場合、日本に対する行為と見なし、日本が反撃する余地を残すのは十分合理性がある。今の憲法は全ての集団的自衛権の行使を認めていないとは言い切っておらず、集団的自衛権の中身を具体的に考えることで十分整合性を持って説明できる」(岡田氏、読売新聞)

     「仮に集団的自衛権を憲法なり、法律なりで認めるとしてもきちんと制限を明示したほうがよいだろう。いずれにせよ、より具体的な形で議論すべきだ。最後にはその時々のリーダーが政治生命をかけて決断しなければならない」(岡田氏、中央公論)

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/150915/plt1509150027-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/150915/plt1509150027-n2.html

    【【安保法案】 民主党歴代代表も集団的自衛権を認めていた…自民・佐藤正久氏の暴露に民主党猛反発】の続きを読む

    このページのトップヘ